十三のデリヘル嬢の私の日々

十三のデリヘル嬢の私の日々 私は現在、大阪の十三と言う所にある激安デリヘル店でデリヘル嬢として働いている女の子です。 年齢は24歳で身長は162cm、体重は54kgで少しぽっちゃり、バストは88cm、ウエストは59cm、ヒップは90cmで髪型は茶髪のロングヘアのゆるいパーマがかかったヘアスタイル、ファッションはお姉さま系ファッションが好きでアメ村のセレクトショップで洋服を揃える事にしています。 そんな私は、十三の激安デリヘル店で2年前から働き始めたのですが、最初はインターネットの大阪の風俗求人情報サイトを見て「あ、このお店なら働けるかも」と思い、十三の激安デリヘル店の店の事務所に行って経営者面接を受け、面接に合格してその日から私は神戸の高級デリヘル嬢として働き始める事になったのでした。 私が十三の激安デリヘル店で「働けるかも」と感じたのは、様々なボーナス、例えば毎月のデリヘル嬢のランキングでボーナスが支給されるなどのボーナスシステムが十三の激安デリヘル店にある、という事をインターネットの大阪の風俗求人情報サイトで見たからでした。 私は小さい頃からボーナスや特別のお小遣いなどに弱い性質の女の子で、でもボーナスやお小遣いが特別に出る、と聞くと自分でも普段出ない程の力が発揮出来て頑張れるのです。 風俗について思う事 風俗の歴史は古く、発祥としては湯女と呼ばれる職業がルーツになっているそうです。 湯女とはお客さんの男性の背中を女性が流してくれるといった女性を指すようです。 現在のソープランドとほぼ内容的に変わらない様な気もしなくもないのですが。 何でも江戸時代くらいまでは日本人は性に対して寛容だったらしく、 お上からクレームは付くものの遊郭といったものは存在していましたし、遊郭から性風俗は流行していったようです。 ですが、いつの頃からかそういった性風俗に規制が入るようになり、公にも出なくなりました。 昔はテレビでも深夜であれば女性の裸なんて珍しくもなんともなかったのですが、今となっては有り得ない事ですからね。 ですが、現代においても日本橋の風俗を筆頭に風俗業界は裏の世界ではあるものの、それなりの市場を確立出来ていると思います。 パッと思いつく限りでも神戸をはじめとする高級デリヘルにソープにヘルス、最近では男性が女性にオナニーしているところを見てもらうオナクラといったサービスもあったりします。 そう考えると今も昔も男性は基本的にスケベで性欲に溢れていたというのは同じであるように思います。 日本橋などの風俗がなければ世の性犯罪は今よりも増えていたと思いますし、無くてはならない存在である事は確かであると思います。
地方と都市部が混在している、繁華街もある神戸の高級デリヘル店を利用した事はありますか?なければ神戸の最高な高級デリヘル嬢がいてるこちらのお店がオススメですよ。
私も何度か利用していますが、これが高級デリヘルたる所以なのかハズレに当たった事がありません。
stripe_frame 風俗は割り切ったエッチが出来るのが魅力ですが、女の子をお金で買ったと思うのではなく楽しく遊んだ対価としてお金を払ったと思えば十分に楽しいですよね。 性的なサービスを受けるのにお金を払うのは不道徳だという、印象があったりするものですが、それならサービス業などというのは人の親切をお金で買うのですからどれも、不道徳な感じがしますよね。 また、お金を出したからといって女の子を好きにできると考えているのもまた違うのではないかと思います、私の場合、新大阪デリヘル・風俗は女の子と楽しく遊んで更にエッチなことも出来ると考えているので、客と従業員という関係ではありますがお互い楽しんでこそだと思うんですよね。 このような感じでお互いが楽しく遊ぶことができれば、一番良いのではないかと思います。むしろ、穴に棒を突っ込んで射精するだけという行為が楽しいのであれば、このようなことに大金を使うのは馬鹿らしくて、もったいないような気がしますね。 新大阪デリヘル・風俗にお金を遣うのはもったいないと考えている人は、このような考えなのかもしれませんが、お互いに楽しく遊べるなら別に悪い趣味じゃないと思います。 生身の人間相手に楽しいことが出来る機会など、そうそうないだけに楽しく遊べればそれで良いですよ。

関連サイト

日本橋でホテヘルの求人です:はてなジョブ
新大阪デリヘルでおすすめはこちら:未熟な人妻
デリヘル大阪で利用する店選びに迷ったら!超有名店クラブパラダイスを選ぼう♪

サブコンテンツ